ソーセージよりスパゲティ。

さてと。

マジメにやらんと首絞められるな。



f0225953_23205383.jpg

 BOTTECCHIA SUPER 8AVIO 
  見ての通りのイタリアで、100年以上の歴史があるメーカーさん、ボッテキア。 鉄フレームのころには日本でも知名度あったと思うんだが、
  ここ最近輸入を再開したみたい。2011にも8AVIOはありまして、2012にも継続してますが、このSUPER8AVIOはまた別物みたいですね。
  トップモデルはEMME2,セカンドがSP9で、その次のモデル。 ロングライド向けらしい。
  HPにはカンパの完成車とフレームしか出てないけどこれはアルテグラでのアッセンブル。 HPも写真はアルテだがw
  よってお値段はお店で聞くべし。 いくらにするかは社長の胸先三寸らしい。
  ということでこちらはサイクルショップ朝里の試乗車なのだ。
  札幌で開かれたスポーツサイクルフェスティバルで試乗に供され、小樽港からフェリーで帰ろうとするところに
  山賊よろしく社長が立ちふさがり、「やあやあこの朝里の峠を怪我無く越えたければそれを置いてゆけえ!」
  と分捕ったといういわくつきの一品であることはナイショだぞ。




f0225953_22151381.jpg

  8AVIOっつうなんともワカラン名称は、オッタビオと読むそうで、ハチアビオではないらしい。
  メイクス名の由来ともなったのがオッタビオ・ボッテキアという二十世紀初頭のイタリアのレーサーで、ツールで勝ったはじめてのイタリアンだそうな。
  まあ日本風に訳せば八兵衛さんだわな、ぼて木屋八兵衛。 フグ料理でもやってたのかね?w
  そんな御大のお名前を冠した大層なバイクなワケですが、はてさてその走りはいかに?
  当然のごとく朝里峠一本勝負とあいなるワケでござそうろう。 八兵衛甘いかしょっぱいか?



f0225953_2226756.jpg

  ダム上の公園までそろーりと回送しながらサドル合わせて、あれこれ様子を確かめ、いざアタック!
  まずはストレートダッシュで速度の乗りと足応えを見る。 おっ? これはなかなか・・・・・いいんでない?
  朝里峠一本勝負と言えば思い出すのは当然、去年のアレですよね、アレ
  筋肉バカの不感症オトコオンナ(笑)とまで酷評されたイザルコさんですが、この八兵衛も負けず劣らずのマッチョに見えますが・・・・・
  いや中身はまるでちゃうわ。 やわいわ。 しなやかだわ。 軽やかだわ。 ルミちゃんに近いわ。



f0225953_2256929.jpg

  ヘッド廻りのゴツさでイメージしちゃってたんだけども、たとえばシートステーなんて某Cベロみたいな細さだしw
  あとね、この後ろ三角のせいなのかな? アルテグラが不思議と野蛮w 
  登りでトルクかけたまんまギア落とすと、「バン! バン!」と乱暴にダウンすんだわ。 しなるバックがシフトショックを増幅するのかね? 
  そんでもこのしなりのせいでやさしいんだなあ、オレに。 ちゃんと非力をカバーしてくれる。 踏めなくなっても突き放されたりしないの。
  



f0225953_2395969.jpg

  で、速いか遅いかの話がしたいのか、そこの体育会は? なんでもかんでもすぐ数字か? 勝利こそが全てか?
  さっきのダッシュの伸び、登坂の進み、共に現時点ではルミちゃんに及ばない。 最高速にして5km近く下だったし、
  登りも早々とローに落ち、まだ重いな、23Tか? と思ったら25Tだった。 タイムで1分ほど遅かった。
  実はカラダがまだ調子悪くて、朝イチのルミで33分だったんだがね。
  二本目のこっちは足はなかったがペダリングが朝より良くなってたんで乗り子的にはそんなに差がなかったかも。
  でもね、車輪が決定的に違うんだもん。 たぶん1分はその差。 測った重量はハチが8.1kg、ルミが7.3kgだった。
  フレーム、メカは似たようなモンだから、ほとんどが車輪差だろうね。 いいホイール、タイアに替えたらすぐだろね。
  カンジ的にはルミより少し速くなりそう。 それだけのポテンシャルは持ってると思う。



f0225953_8254351.jpg

  とにかく登ってる間、イザルコさんで感じた、バイクが高出力設定すぎて貧脚では無反応、ってカンジがなかったの。
  お色気たっぷりで以外とかわいらしいハチさんとのデートを楽しみながら昇天いたしました、テヘ。

  さあ、お楽しみの下りでございますでっすが・・・・・・



f0225953_8334415.jpg

  どっへー、ヤバイ!!


  しっかりするトコはしっかりしていながらたわむトコがちゃんと仕事をするカンジで、震えるグラマラスバディが限界を伝えてくれる。
  不感症イザルコさんはここでもしっかりしすぎてて、高いトコにある限界がいったいどの辺なのか伝わらず、
  根性なしではビビって限界近くまで踏み込む気にならなかったんだけど、ハチさんはその辺の具合が実によろしい。
  ルミちゃんより多少高い点にある限界まで、攻めろ攻めろと言ってくる。 そう、言ってくるのだ。
  もっともっと!もっと奥まで!!ってw  言われるがままに朝里の下りをメイチでガン漕ぎして、トラックぶち抜いて米粒にして、
  ヤリ過ぎでガクガクとけいれんする足をさらにブチ回しながら下のヘアピンをまだ攻めまくる。 たまらん。
  やはり情熱の国の血、なのだろうか。 その熱い本性を垣間見ました。 チョー素敵。





f0225953_8594194.jpg

  んで、お買い上げ?って話になると、それはナイ。 だって俺にはかわいいルミちゃんがいるからね。
  確かにポテンシャルとしてはルミより一枚上手かもしらんけど、5枚も6枚も上なワケでないし、乗っての楽しさは負けないから。

  そんなワケで、コイツはおすすめ。 どっぷりと深く濃くバイクと付き合いたいなら期待を裏切らない「刺激的な愛人」でっせ。
  まあバイクの評価軸ってのは人それぞれだし、イザルコさんのクールさを愛する人もいるんですから、
  俺ごとき貧脚ヘンタイのたわごとはアテにせんほうが利口ではある。

  ただ、「人には添うてみよ 馬には乗ってみよ」 ですからね。 オイラの評価がたわごとなのかうなずけるのかは確かめないと。
  サイクルショップ朝里さんでは試乗車として置いてありますからね。 サイズは440なんで長身の人はペケですが。
  ぜひぜひ乗ってみてください。 そして本気で踏んでみてください。 感じちゃってくださいよお。
  「a-lowsな日々を見て来た。」と言えば20%増量キャンペーン中。 ええ、20%余計に走ってOKですw

  あ、「惚れた! 売ってくれ!」という人が現れたら試乗キャンペーンは終了ですからね。 お早めに・・・・・



     いやー、イタリアンはおいしいわ・・・・・・・
[PR]
by denzi-a | 2012-07-03 23:55 | バイクばいくBike


DENZIはしゃべるロードバイク、ラムさんの尻にしかれながらも 仲むつまじく暮らしていたのだが、ついピチピチのロードバイク、ルミちゃんも嫁に取ってしまった辺りから三角関係がこじれ始め・・・・・


by denzi-a

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
バイクばいくBike
妄想科学自転車
野良スキスキー
野山沢谷
写楽
底抜けカメラ沼
徒然

未分類

以前の記事

2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

最新の記事

クロージング。。。
at 2013-05-02 03:25
最終回。
at 2013-05-01 19:26
真打登場。
at 2013-04-24 00:17
CHEAP HIPPIES ..
at 2013-04-20 21:29
やさしさとおもいやりだね。
at 2013-04-20 12:28

LINK

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31