カテゴリ:旅( 19 )

うーむ.....

せっかく夜を越えて来たのにこの雨ではひとっ風呂もままならんぞ.....

f0225953_23511653.jpg

.....明日は大丈夫かなあ.....
[PR]
by denzi-a | 2012-06-10 23:45 |

~epilogue~  アダルトな大人の旅 (18禁)

f0225953_22441768.jpg
「ご苦労さまー、ダーリン、ようやく敦賀到着だっちゃー!
 1時から走りに走って9時間、300kmオーバーの運転、大変だったでしょ。
 いやーもう、あのやらかし系電子機器ガーミン君のうっかりで
 府道1号線とかいう一時間以上対向車さえ一台も来ない真っ暗な雪降る
 ド山道に連れ込まれた時は一巻の終わりかと思ったっちゃね。
 でももう大丈夫! ここにたどり着きさえすればあとは
 新日本プロレス海フェリーが誇る豪華客船すずらんさんが、
 ニャンニャンニャンニャンしてるだけで苫小牧まで連れてってくれるっちゃ、
 ひゅうーう、ギガンテックゴージャスぅ! ロマンチックが止まらないー!
 ダーリン、最後の夜も、なんなら朝も昼までもフィーバーフィーバーだっちゃ!
 ん? ここまでの一週間の旅の疲れに加え、朝っぱらからしばれヒルクライム
 させられた挙句、間髪入れずに延々9時間も冷奴で走り詰めに走ってきて、
 精も根も尽き果てまくってもうこれっぽっちも動けやしないって?
 あーら、弱い子ちゃん! ノンノンノン、だーいじょうぶまーかせて!
 ダーリンはヒイコラもがかなくても下になってマグロっててくれればOK!
 あとは上になったウチが荒ぶる冬の日本海の波動エネルギーのアシストで、
 ノンストップ20時間の極楽浄土をプロデュースしてあげるっちゃ!
 うーん、わくわく! ダーリンの戦艦大和でウチを波間に漂わせてー!!
 ベイビー量産世界限定500台だっちゃー!!
 いやーんもう、マンモスはしたなーい!! 声が出ちゃったらどうしよーう!!
 ダーリンったらあっという間にワープしちゃわないでねー!!!!!」

「オマーは奴さんと一緒に
      甲板で寝れー!!!」

[PR]
by denzi-a | 2012-01-26 21:05 |

けちがん。

 1月1日、夜。 志度寺への巡礼を終えた俺は、78番長尾寺を通り過ぎ、88番の大窪寺との途中にある 道の駅ながお にて床につく。
 長かった旅も明日がラスト、24時には敦賀からのフェリーで帰道となる。 残るのは87番長尾寺と88番大窪寺。


f0225953_22333476.jpg
 朝7時、起床。 寒い。 気温は2度くらいだろうか。
 ここからまずは5kmほど下って87番、長尾寺。 そして登り返して15kmほどで88番の大窪寺。
 結願叶った後はここまで下って終了となる。 やや30kmほどか。 この気温でもなんとかいけるであろう。


 さあ、行こうか、ラム。



f0225953_22401638.jpg
 まずは長尾寺。 下るだけなのであっという間だ。



f0225953_22421690.jpg
 八十七番、長尾寺!     穏やかな良い寺だ。



f0225953_22435714.jpg
 ここからは来た道を戻り、鴨部川の前山ダムにある出発点、道の駅ながおを通り過ぎて大窪寺へとひたすらに登る。
 距離にして15km強、標高差は400mほどか。 さすがは空海様、最後まできっちりと試練を与えてくれる。




f0225953_2258860.jpg
 ああ、遂に結願の時が来るのか。



f0225953_2311648.jpg
 もちろん、俺は信心など持ち合わせていない不心得者だ。
 事のはじまりだって、あのどうでしょうさんが3回も行きたかった八十八ヶ所ってのはどれほどのモノかって興味本位だったんだ。



f0225953_2371246.jpg
 それでも6年前、59番までを車で回り、打ちのめされ、しびれまくり、いつの日か必ず!を誓った。
 だから今回、長めの正月休みが取れたとき、まっ先に頭に浮かんだのはこの四国の寺だったんだ。 とびしまも京都もそのついででね。



f0225953_23134364.jpg
 しびれるような寒さの中をただひたすらに登る、登る。
 しんと静まり返った厳かな空気の中を、ただひたすらに前へ、前へ。
 なぜ。 どうして。 何で俺は坂を昇るんだろう。



f0225953_23271837.jpg
 ああ、そうですね、空海様。 人というものはそういうものなんですね。
 試練から逃げず。 試練に耐えるのでもなく。 自ら進んで試練に立ち向かってこそ、人は人たりえるのだと。
 貴方が生涯を賭けて構築し、その後1200年もの長きに渡って継がれてきたこの壮大なシステム。
 あるいは信心。 あるいは大願成就。 あるいは悟り。 人によってそれは変われども、これを成し遂げて開けるものはあるのだと。



f0225953_23404730.jpg
 なぜ、ロードバイクだったんだろう。 なぜ、ラムだったんだろう。 登りながらずっと考えていた。 そんなことはわかっているさ。
 この現代において、自らの力で前に進むための最高の道具だから。
 全てが前に進むために作られ、磨かれ、一分の無駄もなく、英知の限りを尽くされた、地上で最も美しい乗り物だから。
 だからロードバイクだったんだ。
 そして、前に進むことを。 全力で前へと進んでいる実感を。 その喜びを。 最も強烈に俺の心に刻み付けるために。



          だから、ラムだったんだ。




f0225953_23583275.jpg
 すべては空海様のお導きだったのだろうか。 こんな俺の、こんな心に最もしっかりと刻み付けるための。



          ありがとうございます。





f0225953_015362.jpg
      左手を洗い。
        右手を洗い。
          口をすすぎ。

      そして愛する彼女を清め、二人で本堂に立つ。   




f0225953_043966.jpg
 八十八番、 大窪寺。


  不肖DENZI、ラムと二人、結願いたしました。




                        ~ 了 ~





 
[PR]
by denzi-a | 2012-01-25 00:10 |

日本一のおめでたい男。 (後編)

f0225953_21501360.jpg
 さあいつまでも善通寺してもいられない。 涅槃の道場のあの寺あの寺がこのDENZIさんのお越しを、今か今かと待ち構えているのだから。


 行くぞっ!



f0225953_21533758.jpg
 七十六番、金倉寺!



f0225953_21545548.jpg
 七十七番、道隆寺!


 むむむう、腹が、腹がへったぞお! ないか! 開いてるうどん屋はないかっ! おおっ、いたあ!!



f0225953_2157323.jpg
 きゃー!の一般店!! じゃじゃじゃあここは、がっつり豪華盛りでいっちゃおうかな?
 すんませーん、かし天とスジの合い盛り、ぶっかけで!


f0225953_220841.jpg
 ・・・・・うどんはどこだい?



f0225953_221166.jpg
 七十八番、郷照寺!



f0225953_224145.jpg
 うむむう、かなり格調が高くなってきちゃってるなあ、 サビでバランスをとらねば。



f0225953_2242411.jpg
 ひらがなでかくとなんだかえっち。



f0225953_2251085.jpg
よおっし、ばっちしバランス取れたぞお。



f0225953_223915100.jpg
 七十九番、天皇寺!



f0225953_228431.jpg
 となると、天皇賞馬ストライクイーグル、か?



f0225953_22172527.jpg
 八十番、国分寺!    なんかえらそおー・・・・・



f0225953_2220466.jpg
 おお!なんと便利な! これさえあればあんな苦労もこんな苦行もしなくていいじゃないか!


f0225953_22234991.jpg
 あっという間に神峯寺!


f0225953_22251557.jpg
 乾く間もなく円明寺!



f0225953_22271483.jpg
 横峰さんもこんなに気軽に!


f0225953_222861.jpg
 いや~んもうクライマックスぅ!


f0225953_22415445.jpg
 はい結願! いやー楽勝楽勝! さーてうどん食いに行こっかあ!


f0225953_22311286.jpg
   aa~a!!



f0225953_22315483.jpg
   un!!

     「天っ誅~っ!!!」

 ダババババリバリバッシャーン!!




      「・・・・・ごめんなさーいラム様、一寺一寺、こつこつとやっていきますだあ・・・・・」



f0225953_22491071.jpg
 OH! コノシト、ダレデスカ? 一休サン、ドコデスカー??



f0225953_22511322.jpg
 ぬおおう、81番はかなり登るのだがえらく人気。



f0225953_2252293.jpg
 八十一番、白峰寺!



f0225953_22542077.jpg
 おおまだ耳がある!



f0225953_2255116.jpg
 たこブツ焼!      イマイチ!



f0225953_22563329.jpg
 こちらはまた、ちょと静か。



f0225953_22573034.jpg
 アルカンシェルがステキ。



f0225953_2258989.jpg
 八十二番、根香寺!



f0225953_22592115.jpg
 とってもステキでしたあ。



f0225953_2331629.jpg
 ついに高松! 八十三番、一宮寺!        恵方はこっちかー。



 で!次なんだが・・・・・・は? 屋島ドライブウェイ? 有料? 専用道なの???
「ほーら言わんこっちゃない! 当初の予定では、昨日のうちに82番までやっつけて、新春一番、ウチと一緒に83から結願まで!
 とかほざいてたっちゃよね! ハナから無理なんだけど万が一その予定で来たらいきなりここで足止めの憂き目だっちゃ! 
 もーう、無計画にもほどがあるっちゃ! マジメにやれー!!」




f0225953_2322311.jpg
 ふえー、どっちか言うたらレジャーランドでないの、コレ。



f0225953_23243126.jpg
「み、みじゅしょおばいの神様ァ? わがらんぞいよいよもって!」
「ホッカイドーの理解の範疇を超えてるっちゃねー、既に。」



f0225953_23284024.jpg
 八十四番、屋島寺!



f0225953_23292865.jpg
「おへんろワンダラン。」



f0225953_23311933.jpg
「そして八十五番だけんども、ここもやっぱ自転車っつうカンジではないなあ・・・・・」



f0225953_752923.jpg
「この程度の上りは楽勝として・・・・・」
「楽勝なもんかよ!!」



f0225953_7551344.jpg
「これだけ初詣で歩く人が多かったら、チャリはやばいっちゃねー。 あぶないあぶない。」
「うーん、計画がずさんなのはずさんだな。 歩いて拝んできまーす。」



f0225953_7594611.jpg
「あちゃー。 この行列じゃ、バカセルフもできそうにないっちゃね。」



f0225953_812447.jpg
 それでは、手前のお迎え大師様で・・・・・  八十五番、八栗寺!     さささっ、それではっ!



f0225953_833655.jpg
 するーりと下って!



f0225953_841839.jpg
 いやほー!やまだやさん!!



f0225953_85781.jpg
 おでん!



f0225953_853137.jpg
 うーん・・・・・高級店ではあるが、味はそんなに、っつうか、一般店やセルフのレベルが高すぎるんだな、たぶん。



f0225953_894586.jpg
 さあ! 本日もラストとなりました!



f0225953_810544.jpg
 八十六番、志渡寺!        ブロッケン伯爵じゃ、なーいよおー。



f0225953_8133431.jpg
「あぶない! マグマが! マグマがそこまで!!」
「うそつき。」



f0225953_814516.jpg
「あーあーあ、とうとう二つ残しちゃった。 明日の深夜には敦賀からフェリーでどんぶらこなのにどうするっちゃ?」
「まあしゃあない。 キミさえいればなんとか大団円に持ち込めるんでないか? たのんだよラム、おやすみー・・・・・」
[PR]
by denzi-a | 2012-01-24 08:20 |

日本一のおめでたい男。 (前編)

 平成廿四年 元旦

 やはり正月の空気はいい。 凛としている。 そしてこの正月の朝にふさわしい寺を、四国さんはちゃーんと用意してくれている。 ありがたい。


f0225953_23435640.jpg
 思えば前回、四国を回ったのは6年前か。 同じく年末、強行スケジュールで四国上陸作戦を決行、
 疲れと寝不足をひきずったまま寺を回り続け、無理が祟って年末に発熱、寺のふもとの駐車場での車中泊、寝袋の上に白衣をかけ、
 空海様に祈りながら年を越し、翌朝そのご加護で熱も引き、元旦の日の出を迎えたのがあの岩屋寺だったんだ。



f0225953_011014.jpg
 だからやっぱり、わが心のナンバーワンは岩屋寺なんだ。 あの岩屋に取り付いて迎えたご来光を、俺は一生忘れない。



f0225953_22225063.jpg
 だが今年の弥谷寺さんも相当な実力者だ。 この正月の朝特有の空気感を差し引いても十指にはいるだろう風情。



f0225953_22272618.jpg
 夕べの俗なんて、2.5秒で雲霧消散だ。 ただただ、ありがたい。



f0225953_22314364.jpg
 沁み入るなあ。



f0225953_22324377.jpg
 全てを捨てて、行こうか。



f0225953_22335786.jpg
 さあ、本堂だ。 見せようか、生まれ変わった姿を。




f0225953_22355376.jpg
 七十一番、弥谷寺! イヤ~ン。。。



f0225953_22365612.jpg
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、おめでたい。



f0225953_22373717.jpg
 ななぢゅういちばんいやたにじでしたあ。



f0225953_2239166.jpg
 奥におわすは大師様。



f0225953_22401346.jpg
 七十二番、曼荼羅寺!



f0225953_2241222.jpg
 遍路杖、今昔。



f0225953_22433463.jpg
 七十三番、出釈迦寺!



f0225953_22445932.jpg
 正月といえばみかんだよな。 お一ついただきまうす。



f0225953_22462257.jpg
 七十四番、甲山寺!     せんとくんじゃ、なーいよおー。



f0225953_22475735.jpg
 てなカンジで、ここまでは穏やかに、心安らかに進んだのだが・・・・・・


 あれ? 75番はまだ1km以上も先のはずなのに・・・・・なして臨時駐車場とかのカンバンがあんだ??


f0225953_22511812.jpg
 ぐわー! 善通寺さんははるか遠くなのになんだこの渋滞はあー!!
さては! さてはさてはさては! はつもおでかー!!

 ヤバイ、ヤバイヤバイヤバイ、こんなのに巻き込まれたら予定が! しゃあない、さっきの臨時さんに戻って、徒歩徒歩!!



f0225953_2257655.jpg
 うへえ! どうやらここ善通寺さんは香川の初詣のメッカのようだ。 続々と信者が押し寄せてアラーアラーと・・・・
これは暢気にセルフなんかやってられんぞお!



f0225953_23124363.jpg
 七十五番、

f0225953_23131588.jpg
 善通寺!



ううーむ、しかし腹がへったあ! 新春の初物がコンビニおにぎりってワケにゃいかんだろおって我慢していたが、もお限界。

f0225953_2316384.jpg
 旨ス!


f0225953_23164640.jpg
 ナニそれと問われれば、たこ判焼、と答える。 おやきの型で作るジャンボたこ焼きみたいなモンでしたよお。


 しっかし、でっけえなあ、善通寺ってのは。 そこかしこにお堂が建ってて、目的別にわらわらと人が集まって拝んでる。
 まるで祈願の百貨店だね、こりゃ。
「あーっダーリン、あそこー!!」
「何だよお、ラム! 今日はお休みでしょ、キミは。」


f0225953_23231246.jpg
「これだけは拝んでおかなきゃ! 子宝成就、安産祈願! 天下の善通寺さんの子安観世音、ご利益ありそうだっちゃ-!!」


f0225953_23261111.jpg
(・・・・・えー、オイラミニベロはジャリテンだけで充分なんで、
 チネリのスーパーコルサさんやデローザのヌーボクラシコさんみたいな色っぽいねーちゃんとデートできますように・・・・・)
「何か言ったけ?!」
「いいええそんな滅相もないぃ!!」



「あーあーあーただでさえ押してるっていうのにこんなに時間食っちゃってえ!
 早く奴さんに戻って次の寺目指さないと、結願なんておぼつかないっちゃ・・・・・・・あれ、何だっちゃ??」
f0225953_2331160.jpg
 「知らん。」



f0225953_2335710.jpg
「ねーってばねー、ダーリン、すっごく並んでるっちゃよ! 名物? これ名物なんじゃないの? 
 これってばオミヤにバッチシだっちゃよ! 買おう、ダーリン、並ぼう!!」



f0225953_23391783.jpg
「えーいいよお、並ぶなんて。 オミヤなんて与島PAに腐るほどあるから帰りにしようってばよ!」
「いいのけーダーリン? さっき横からちらっとのぞいたら、店が大層サビていらっしゃって・・・・」
 「並びましょう。」




f0225953_23442740.jpg


f0225953_23444786.jpg


f0225953_234572.jpg
 毎度ありがとうございました。



 いやーしかし腹がへったぞい。 そういや並んでたときに前の人が、「このさきにみやかわが・・・」とか言ってなかったっけ? 
 ん? みやかわ・・・・・ぜんつうじのみやかわ・・・・・・
 あーっ! 善通寺の宮川か!!



f0225953_23491425.jpg
 あうううう・・・・・・そりゃそうだよなあ普通正月三日くらい休むよなあ・・・・今回名店にはいっこも会えないんだねええ・・・・・・





     あー長すぎ。 いっぺん区切るわ。
[PR]
by denzi-a | 2012-01-20 23:52 |

同行二人。

 ぢゅうにがつさんぢゅういちにち はれ

 ぼくはゆうべ、ぶつぜんでたいへんはしたないことをしてしまいました。
 いくらあいするつまとふたり、たびさきでかいほうてきになっていたとはいえ、ほとけさまののきさきですることではないとおもいます。
 このままではまちがいなくばちがあたってしまうので、ばちがあたるのはやなので、いっぱいおいのりしてゆるしてもらうことにしたのです。


 六十一番、香園寺!
f0225953_2328642.jpg
 「はい、そうですよ。 61番ですよ。 ん? なしてそんな中途半端なトコからはじめるんだって?
 やだなあ、こう見えても以前ボカァ59番までは回ってたんですよ。 そおいうワケですんで今回、結願を目指してぐるぐるしちゃうんです。」



f0225953_23341291.jpg
「ごめんなさいごめんなさい、仏様の軒先でのえっちをお許しください。
 いけないとは思いつつ、それがまたえらく燃え上がって・・・・・いいえいいええ! そんなそんなあ!!」
(ダーリン、ちゃんと、よい子が授かりますように、って祈ったけ?)
「すいませんすいません! 妻の不謹慎をお許しください! アーメン!!」



 六十二番、宝寿寺!
f0225953_23421154.jpg




f0225953_23453493.jpg
「久しぶりだねえ、一休さん。 よろしく頼むぜえ。」



 六十三番、吉祥寺!
f0225953_23485851.jpg
「うふふ、あのね、やっぱりこの程度には寒いの。 ま、この程度っちゃあこの程度なんだけど。」



 六十四番、前神寺!
f0225953_23524339.jpg
「来たねえ。 これ。 こうゆうのが欲しかったの。」


f0225953_2357581.jpg
「しびれるの。」


f0225953_23574158.jpg
「たまんないの。」


f0225953_23584710.jpg
「心がわしづかみなの。」


f0225953_23595439.jpg
「ところでダーリン。 さっき、前回は59番までって言ってたっちゃよね。 どーして61からなんだっちゃ? ズル??」
「バカ言うでねえ、ラム。 60番と言えば、あの横峰さんだぞ! だからこうしてお祈りしてるんだろが、たどり着けますようにって!」



f0225953_9155.jpg
「うふふふふ、登るねえ。 山道だねえ。 イけんのかなあ? どこまでイけんのかなあ? わりと何とかなりそうだが・・・・・」



f0225953_93511.jpg
「うーっし、奴さんはここまでかな? あとは徒歩2kmってトコか。 じゃ、ラム、イってくっから。 お留守番オネガイね。」
「えーっやだあー! ウチもイクー!!」

「ばっ、バカ! こんな激坂、っつうか、この先は凍結、雪道になるってば! 走れねえよ!!」
「だあって同行二人でしょ!
ウチもイグったらイグー!
横峰さんに子宝祈願するんだもーん!」




f0225953_991878.jpg
「ほらーっスタートして200mで早くも! 四国のお山をなめんでないよ!!」
「でもー・・・・・子宝ー・・・・・・!!」



f0225953_912950.jpg
「・・・・・・・・・・・、えーっ、と・・・・お・・・・・
 ごめんちゃー、ダーリーン!
 やさしくエスコート、してしてー!!」




f0225953_9142116.jpg
「アホすぎる、完璧アホすぎる。 どーして雪道ツルツルしながらロードバイク押し歩きせにゃならんのだ・・・・・・」



f0225953_9171679.jpg
「それはひとえにこの為。
 ありがたい。」





f0225953_9221967.jpg
  合掌。





f0225953_9231184.jpg
「どしたラム、疲れたか?」
「・・・・ん? んーん、今、この木とお話してたっちゃ・・・・・・」



f0225953_9264991.jpg
「んーー、絶景! 心が洗われるっちゃー! 今までの小さなウチは何だったの?」
「おっ、何だ? 早くも悟ったか??」
「うん! ダーリン、ウチ、
 立派な赤ちゃんを産むっちゃ!!」


「あのなああああ・・・・・・!!!」



f0225953_9384124.jpg
 下山! うどん!
 うまい!!




f0225953_9402725.jpg
 登れーっ!



f0225953_941683.jpg
 六十五番、三角寺!



f0225953_94241.jpg
 ろくぢゅうごばあん、さぁんかくじいー!



f0225953_9433311.jpg
 さぁんかぁくじぃーー。。。



f0225953_9443972.jpg
  くだぁる! 次じゃあ!!



f0225953_9484017.jpg
 登ぉる! 



f0225953_949568.jpg
 登ったものお。



f0225953_9505362.jpg
 登るったらないものお。



f0225953_9514048.jpg
 新築だものーお。



f0225953_9522241.jpg
 ステンがピカピカだものーお。  ・・・・・・、さて、やるかあ!



f0225953_9533565.jpg
 六十六番、雲辺寺!



f0225953_954393.jpg
 ありがたい。



f0225953_9553670.jpg
 素人さん、塩カルの使い方知らないものーお。



f0225953_9563741.jpg
 上がぁる!



f0225953_9573181.jpg
      aa~a!




f0225953_9581582.jpg
     un!!




f0225953_9593475.jpg
 六十七番、大興寺ぃ。



f0225953_10594098.jpg
「それでですねえ、ダーリンさん。 お楽しみのところ、まっことに申し訳ないんですが・・・・・・・・
  押してるって!!」

「ううう、予定では八十台に乗せるんだったんだけど・・・・・半分もイってない。 まあ横峰、雲辺の双峰をやっつけりゃそりゃ押すわな。 
 さて、明日からが厳しくなってきたなあ・・・・・」



 サービスポイント! 六十八番、神恵院! 六十九番、観音寺!
f0225953_11134745.jpg
 Wのポーズ。



f0225953_11142964.jpg
 すげえ、神恵院の思い切り、すげえ。 コンクリ打ちっぱなしだもの。ただの箱だもの。 おっかねえよお。



f0225953_11171142.jpg
 観音寺、普通だもの。 影薄いものーお。



f0225953_11185946.jpg
 どうにもこれが本日ラスになりそうですなあ・・・・・



f0225953_11222239.jpg
 国宝かよ! これはもう本年度のシメにまっことふさわしい・・・・・



f0225953_1123468.jpg
  七十番、本山寺!

   しゅわっち!!




f0225953_11255268.jpg
 さてこの後、七十一番に行ったのだが・・・・・日没コールド。 真っ暗。 なんも見えないトコで祈願もないしょ。 
 セルフに別の「同行二人」が写ったりしたらヤバだしねW
 これはもう新年一番のお楽しみ、ってことで・・・・・・・



 
 「で、この後どうする、ダーリン? いくら真っ暗とはいえまだ六時、今からニャンニャンしてたら子宝が1ダースになりかねないっちゃよー!」
「うむ。それでだ。 この弥谷さんの前のへんろ宿で接待を受けちゃおうかなー、と・・・・・」
f0225953_11394334.jpg
「ちょっとー! せっかく今まで積み重ねてきたワビサビ路線を全部台無しにするつもりけ!! 」

「うんそおなの。 あのね、もう心も体もサビサビで飽和状態なの。 だからね、天然温泉「大師の湯」でさっぱりしてだ。
 レンジでチンした「本日のおすすめ定食」とスーパードライでだ。 んで、ダウンタウンの笑ったらダメ、とかいうつまんないTVぼけらーっとながめてだ。
 よしよし、これだけしょーもない俗を詰め込んだら、明日はまた一寺一寺でしっかりお祈りできるねえ!
 さ、それじゃ奴さんに戻って、寝るよー。 おやすみー。 よいお年をー。。。」
「あーあ、ここまで低俗だと年越しに燃え上がる気も萎えるっちゃねー。 ウチも寝よーっと。 オヤスミー。 よいお年をー。。。」




 
[PR]
by denzi-a | 2012-01-17 12:14 |

とんでとんでとんでとんでとんで、回って回って回って回ーるー。

「さささささ! いよいよメーンイベント! とびしま海道が我々を待ってるぞよ! 手に手を取って行こうじゃないの、アナタとワタシ、ワタシとアナタ!!」
「ふーんだ、ダーリンなんかキライだっちゃよー、行ってやんない、アカンベー!!」
「おおうおう、か弱い婦女子の分際でこの俺様に逆らおうとはちょこざいな! いよお~し、ふんじばって拉致しちゃうからなあ!」
「何をふざけたことを~っ!!」
 ドババババリバリバリーッ!!!




f0225953_20443283.jpg
「あれー何だっちゃウチの電撃が通じないっちゃー!」
「むふふのふ、この絶縁シートの前には得意技も形無しだろう! ま、いやよいやよも好きのうち、どこまでその強情が続くかなあ?」



f0225953_20525010.jpg


f0225953_2053443.jpg


f0225953_20531741.jpg


f0225953_20533021.jpg


f0225953_20534712.jpg


f0225953_2054318.jpg
「どや、どいや、ラム? ええやろ、たまらんやろ? 口じゃ拒否してても体は正直やからねえ。
 ええか、ええのんか? ああ、いい、もっと、くみこぉ~、わんばんこつるこうでおま。」
「うぐぐぐぐぐ・・・・・・」



f0225953_20581220.jpg
「さささささ、ラムちゃあ~ん! 岡村島だよお? どうする? 帰っちゃう? それとも・・・・・」
「んー! うーるさいっちゃとっとと出すっちゃ! こんなステキなロケーション、走らなかったら一生の後悔モンだっちゃーっ!」



f0225953_2133162.jpg
「で、ハナからコレ? 昨日と全然違うっちゃーっ!!」
「うむ。 まあスタートとは言えここ岡村さんはとびしまのゴールであるからして。 濃いービジュアルがないワケがない。」



f0225953_21101033.jpg
「と言いつつもう次の島が。 おお、あれが噂に聞く御手洗の町か、待ってろよお!!」
「ふーん。 あら? そのサビの上のほうにある・・・・・・??」
「ん? 何だぁ?」
「えっ? いやいやいやいや何でもないっちゃー!!」




f0225953_21321355.jpg
「あっという間ですまなかったねえ岡村さん! 名残惜しいが大崎が! 大崎下島が我々を待ってらっしゃる!!」
「三食サビでも全然OK人種!!」



f0225953_21434924.jpg


f0225953_21441423.jpg


f0225953_21443535.jpg


f0225953_2145543.jpg


f0225953_21482031.jpg


f0225953_2149457.jpg


f0225953_21492428.jpg
「ううう、あのねえ、ラム。 豊町大長ですでにアウツ。 たまんないス。 しびれまくりス。」



f0225953_2213669.jpg
「あーあ。 あれでこんなにやられてるんじゃ、御手洗に入った日にゃあ・・・・・」



f0225953_2281998.jpg
    撃沈。


「・・・・・・、でさあ、ラム? 悪いんだけど、こりゃ乗ってらんないわ。 歩いていい?」
「えー、また置いてきぼり? やーだあー!」
「いや、違う違う、一緒にさ。 お手々つないでゆっくり散歩しよおよ。」

f0225953_22261252.jpg


f0225953_2226306.jpg


f0225953_22264329.jpg


f0225953_22271237.jpg


f0225953_22272912.jpg


f0225953_22274440.jpg


f0225953_2228254.jpg


f0225953_22284580.jpg


f0225953_22291045.jpg


f0225953_22293258.jpg


f0225953_22302316.jpg


f0225953_22311587.jpg


f0225953_22313712.jpg


f0225953_22315469.jpg


f0225953_22321367.jpg


f0225953_22324052.jpg


f0225953_22331683.jpg


f0225953_22333776.jpg


f0225953_22341086.jpg


f0225953_22343284.jpg


f0225953_22345362.jpg


f0225953_22352489.jpg


f0225953_22361597.jpg


f0225953_22363612.jpg


f0225953_22365437.jpg


f0225953_22373888.jpg


f0225953_2238412.jpg


「いやーたまんないよ。 やれ竜馬と慎太郎がよく立ち寄っただの七卿落ちだのと、そんな町並みに、とびきりの美女。 涙モンだねえ。」
「うふふふふ・・・・・・・うれしい。」



f0225953_23111790.jpg
「あれ? 何集落通るたびに入り込んでさがしてるっちゃ?」
「うん、この島にお好み焼き屋があるらしんだけどね、けっこ目立つらしいんだけど、ワカンナイ。 ハラヘッタなあ・・・・・」



f0225953_232113.jpg
「まーた調査不足。 ムリだっちゃねー、こっちの豊島の集落のほうがお昼にありつけそうじゃない?」



f0225953_23293194.jpg
「うひょほほほ、狭いねえ。 狭い狭い、たまんないよお! いいよお! メシ屋はないけどw」



f0225953_21101749.jpg
「わはは結局アンパン補給。 これじゃK林男塾とかわんないだねー。」



f0225953_21133832.jpg
「ま、人間何かかんか食べとけば大丈夫。 あれもこれもと欲張ると金ナリの時はあっという間に過ぎていくっちゃよ。
 結局大事なのは走ることとサビでしょ? グルメまで求めるのは欲張りすぎだっちゃね。」




f0225953_21185655.jpg
「しかしこの島道ってのはたまらんねえ。 狭くてぐねった海岸線がどこまでーもどこまでも。」
「洞爺の月浦あたりを走ってるみたいだっちゃ。 しまなみにはないとびしまの魅力だっちゃね。」



f0225953_21214113.jpg
「ほいここでまた海と橋と美女で。」



f0225953_21251082.jpg
「さよーならー豊島さーん、さあお次は上蒲刈島だっちゃー!」



f0225953_21312296.jpg
「ところでダーリン、どの島もみんな時計回りばかりなのはなぜだっちゃ?」
「いやーあのー、反時計回りにするとだね、島の北側を通ることになり、日当たりが・・・・・画に見えるほどあったかくもないのも現状で・・・・・」



f0225953_21361298.jpg
「ほーら神様のめぐり合わせ! ちょっとオナカをあっためるがよい!!」



f0225953_2137411.jpg
「いやーたまらんね。 ま、味は讃岐の国のアレと比べちゃかわいそうだけどね。 瀬戸内の海を眺めつついただくこの一杯。 幸せだなあ。」



f0225953_21412295.jpg
「このロケーションでうどんをすすれることの贅沢! 島時間ってカンジだっちゃね、ウン。」



f0225953_21442867.jpg
「ああ、楽しかった島旅もこの下蒲刈島でおしまいかあ。 名残惜しいなあ、もっと走っていたいなあ・・・・・・」
「そっ、そお? じゃ、ね! ダ~アリィ~ン、ウチ、お願いがあるんだけどぉ~!」
「うっ!その甘ったれた裏声はもしや!!」
「そっ! ウチ、ダーリンの
 オトコが見たいっちゃー!!」




「えっ、えええ~っ! そんなラム、いくら人気がないとはいえそんな昼間っから・・・・・・」
「ねえ~んねえ~んおねがぁ~い、
 ラムのワガママ、
 かなえてダアァッリイイ~~ン!!」

「いっ、いやあまあオマエがそこまで言うならゴソゴソゴソ・・・・・」
f0225953_21561726.jpg
「だああっ!そんなキッタナイモン
 昼間っから出すなーっ!
 ウチが見たいのは男じゃなくて
 漢のほうだっちゃーっ!!」

「うげげっ!わかったぞすーべてわかったぞさっき何でもないとかごまかしてたアレだなーっ!!」



f0225953_223183.jpg
「ピンポン正解! 
 これなくして何が
 とびしま海道のすべてだっちゃ!
 あのてっぺんに立たないコトには
 とびしまを制覇しましたなんて
 恥ずかしくていえないっちゃーっ!!」

「ぐわわっ、はがれるはがれる! 
 チェーン切れるってばーっ!!




f0225953_2214257.jpg
「おーっほっほっ! どお、ダーリン! あの偉そうな大橋を上から見下す快感!」
「いやカイカンとかの前にアキレス腱が断裂しそおなんスけど!!」



f0225953_22172940.jpg
「さあっテッペンはすぐそこ!
 一気に陥とすっちゃよーっ!」

「鬼鬼鬼ーっ!」



f0225953_22205275.jpg
「きゃーんダーリンてばスッテキー! あーん満足満足! これでお留守番のルミにも面目が立つというモノだっちゃ!! 」
「切れてます切れてます、大腿四頭筋もアキレス腱も切れまくってます! ハムストリングスなんてスライスハムです!!」



f0225953_22331328.jpg
「はーいおみかんちゃんとハイチーズ! 勝利のポーズだ! ヤッターヤッターヤッターマーン!!」
「ウソだと思ってるだろ! ホントにこんな坂なんだってばマジで!!」



f0225953_2239572.jpg
「さあっ、後は下るだけだっちゃよー! また握力が試されそうなウププププ・・・・・・」
「なんなんだよこのシャカリキの見開き頁みたいな坂表現は・・・・・・」



f0225953_22425799.jpg
「ま、こんな坂バカサドルをつけたのが原因でしょ? 名に恥じないよう精進せねば!!」
「ううう、モンテ・ゾンコランかよ。 稲穂峠くらいにしといてくれってば・・・・・」



f0225953_22463293.jpg


f0225953_22465157.jpg


f0225953_22471012.jpg
「はーい! とびしまの女王、美しく撮ってねー!!」
「まあ、ここまで満喫するヤツもそういないか・・・・・・・」



f0225953_2250135.jpg
「んで、ラム、この後どうすんの?」
「もう余力なんて残ってないでしょ? 最寄りの安芸川尻駅から輪行リンコちゃんで尾道に戻りましょ。」



f0225953_2255542.jpg
「さよーならーとびしま海道、とってもとっても素敵でしたーっ!!」
「またいつか会えることを切に願いまーす!だっちゃ!!」



f0225953_2305566.jpg
「さーさーさーそれでは尾道でお食事ターイム! まずは尾道らーめーん!」
「うむむ、観光ナニ?な素朴な中華屋ならではの素朴な味。 旨ス。 安ス。 ワンコインで白い穴あきが返ってくるってどんだけ?」



f0225953_2363984.jpg
「続いてはコレ! 島で食べ損ねた分もきっちりとね!」
「ぐおお、ハシゴかよ! だいじょぶか、だいじょぶか今度は胃袋!!」



f0225953_239369.jpg
「おおおう、ちゃんと完食ぅ! これまた旨かったっス!」
「はーい、キッチリ食べてスタミナ回復っ! お次は奴さんでばひゅんとしまなみ越えて今治再びぃ!!」



f0225953_23134410.jpg
「そして昨日のウチにチェック入れてたグレイト銭湯でキレイキレイぃ!!」
「くぁああー、しみるぜシビレルぜ! さすが今治のさすが銭湯! ぐれーとまじんがあー!!!」









f0225953_23184631.jpg
「そして今晩の宿泊地、到着ぅー! ねぇ~んダーリン、ウチ、ダーリンのオトコが見たいっちゃ! 昼間しまった方のぉ~!!」
「おまっ! さっきと言ってるコトが全然違うじゃないかよーっ!」
「いや~ん! イイ女たるもの、昼と夜とで違う顔を持つくらいはあたり前田のニールキックだっちゃ! ねえ~ん、ダァ~リィ~ンてばぁ053.gif
「だっ、だっ、だっ! ラムってば! 仏前なんスけど!」
「仏前上等!
 よい子が授かりますようにっ!!」

「ひえええええ~っ!!!」
[PR]
by denzi-a | 2012-01-11 23:52 |

イマバリ・プライド

f0225953_2239429.jpg
 さて米長さんで一泊! と相成ったワケだが時計はまだ4時。 ぼっとしてるのはもったいない。
 


f0225953_22424968.jpg
 はからずも一夜を過ごすことになった今治だけに予備知識はほぼゼロ。 てぬぐいとバリィさんくらいしか思い浮かばない白紙状態。
 はてさて今治甘いかすっぱいか。 チャリすがらに見たカンジではかーなりキテいると見たが・・・・・



f0225953_22482554.jpg
 狸小路と言うよりは都通り。 アーケードで栄えている街ってのはみたことないけど、これは・・・・・



f0225953_2250126.jpg
 今日が12/29なのを鑑みてもかなりのシャッター率。 そして店々は・・・・・



f0225953_22513861.jpg


 
f0225953_22515581.jpg


f0225953_2252942.jpg
 驚くまでに昭和保存会。



f0225953_22531131.jpg
 セクシー路線で挽回を図るが・・・・



f0225953_2254178.jpg
 圧倒的な力の差ではじき返される。



f0225953_225577.jpg
 あー、猫型ロボットとは・・・・違うのね。



f0225953_22555514.jpg
 ゲーセンは何処・・・・・



f0225953_22563178.jpg
 演歌な呑み屋街。



f0225953_2258238.jpg
 大型店の進出も潰え・・・・・



f0225953_2259622.jpg


f0225953_22592744.jpg


f0225953_22594542.jpg
 ブルースな光景がただただ。



f0225953_2314796.jpg
 あれちょっと?・・・・・



f0225953_2322944.jpg


f0225953_2324981.jpg


f0225953_233261.jpg


f0225953_2333445.jpg


f0225953_2335286.jpg


f0225953_234934.jpg


f0225953_2342744.jpg


f0225953_235432.jpg


f0225953_2352154.jpg


f0225953_2353785.jpg


f0225953_2355927.jpg


f0225953_2365649.jpg


f0225953_2374632.jpg


f0225953_238294.jpg


f0225953_238322.jpg


f0225953_2385425.jpg


f0225953_2391590.jpg
 ブルースはとめどもないのだが、ところどころに入るチャリに、なんか普通じゃないものが・・・・・



f0225953_23125322.jpg


f0225953_2313196.jpg
 何かがある、何かが・・・・・



f0225953_2314577.jpg
 ん?・・・・・



f0225953_23143956.jpg
 えええ???・・・・・



f0225953_23151153.jpg
 絶対普通じゃない! えらいモンに出くわしたっ! どうする? 行くか、戻るか??
 ええいっ、旅の恥はかき捨てじゃい! 「すいまっせーん、ちょーっと見せてくださーいっ!」


 やっぱりだ。 やっぱり本物だ。 クロモリとBROOKSをこよなく愛する店主は、
 北海道からわざわざチャリ漕ぎに来たバカのバカ話にずいぶんと付き合ってくれた。
 『しまなみ? ああ、あんまり面白くなかったでしょ? それよりも・・・・』
 『ほー、カーボンも持ってるんだ。 でもここにクロモリ持って来たってことは・・・・・』
 『オーバーサイズなんて我々にはいらないんだよ。 作ってる連中もみんなわかっちゃいるんだけど・・・・・ 』
 『うん、このスーパーコルサも試乗してもらいたいんだけどね、わりと乗ってくれないんだよ。 恐れ多いとか言って・・・・・』
 『米長に泊まってるんだ。 あいつはオレと同級生でね・・・・・』
 『でしょう。 この今治って町はね、あの島々の船の交流の基点として栄えたんだよ。 橋がそれを・・・・・』



f0225953_23354161.jpg
 ずいぶんと長いこと、話し込んでしまいました。 
 変わる時代に流されず、自分のいいと思えるもので商売を続けていこうとする、本物。
 京都でがっかりだったオイラに、神様がめぐりあわせてくれたんだと心から思った。 ありがとう。


  サイクルワールド えざき  さん。  今治城のすぐそばです。



f0225953_23451650.jpg


f0225953_23471542.jpg
 すっかり暗くなってしまったが、今治はオイラをなかなか離してくれない。 夕食まであと少し、もうちょっとだけ・・・・・



f0225953_23481539.jpg


f0225953_23483341.jpg


f0225953_23485126.jpg


f0225953_2349581.jpg


f0225953_23492263.jpg


f0225953_2349404.jpg
 納得だ。 あの店主の息のかかったものなんだ。 そりゃ普通じゃないさ。 上質なんだ。



f0225953_23531393.jpg


f0225953_23532896.jpg


f0225953_23534196.jpg


f0225953_23535966.jpg


f0225953_23542090.jpg


f0225953_23543628.jpg
 そうなんだ。 その通りなんだ。 わかるぞ。 オレにはわかる。



f0225953_2355627.jpg
 この昭和のまんまのぼろっちい旅館は、料金までが昭和の値段で、 でもそれで充分な心地よさをもたらしてくれた。



f0225953_0188.jpg
 あえてこっちの画を載せる。 旨かった。 実に旨かった。


 ご馳走様のあと、主人とも話しをさせていただく。 
 『どうでした今治の街は? さびれてるでしょ? ここは昔は島々の・・・・・』
 あっ、それはえざきのご主人に教えてもらいました。 同級生なんですってね。
 『えっ? あんなトコまで歩いたんですか?』
 ええ、オイラ、鼻が利くもんで。 へんくつでしょ、あの店主。 たとえ安かろうが気に入らんものは売れん! みたいな・・・・・
 『いやー、よくわかりますね。 何台か付き合ってますが・・・・・』
 うんうん、ワタシが言うのも何ですが、あそこで売る自転車には間違いがないですよ、きっと。
 

 ~ご主人、あなたも同類ですよ。 晩飯ごちそうになってわかりました。 これが今治人の商売なら、胸をはって誇ってください。 本物だと。~


f0225953_0222011.jpg
 自らの商いに誇りを持ち、変わらず在り続けようとする人々にとって、時の流れはあまりに残酷だ。
 もし次に訪れることがあったとしても、シャッターの数は更にふえていることだろう。
 
 でも、だからか。 そんな今治の街が、たまらなく好きになってしまったんだ。





 「ふいいいーっ、さむさむ。 ラムーっ、ただいまーっ! さあさあ夜は長いぞ、存分にしっぽりしようじゃないか!!」
 「ふーんだ! 裏切り者はサビとでもしっぽりしてればー?」
 「そっ、そんな冷たいコト言うなよお! エエ話拾ってきたぞお! この街にはえざきさんという素晴らしい自転車屋さんがあってねえ・・・・・」
 「そこの色白のスーパーコルサにずーいぶんと鼻の下伸ばしてたそうじゃないけ? 
 ウチの目がごまかせると思ったら大間違いだっちゃーっ!!」


 「ぐええごめんなさいラムもおしません、もおしませんてば、ねえ、ラムちゃ~ん・・・・・・・」


 
[PR]
by denzi-a | 2012-01-08 00:44 |

しまなみ~なのねしまなみなのね。

f0225953_12191386.jpg
 おはよう、みなさん。 尾道の朝だ。 瀬戸内海はおだやかだ。 良かった。 着いて。
 そりゃもう着くだけで精一杯だったけど、いいね。 だって朝から走れるんだもん。 しかもアレを。



f0225953_13425738.jpg
「あれ? 走るんじゃないのけ?」
「うむ。 まーずは向かい側まで船。 だーじょうぶ、三分かそこらだから。 二十時間とかないから。」



f0225953_13464936.jpg
「何でここだけ橋じゃないっちゃ? 車は橋なんでしょ?」
「うーん、この距離だと橋に乗っかるより近いからでない? もともとみんなこういう文化なんだし。」



f0225953_13491445.jpg
「さっ、いよいよしまなみ海道の旅、出発でいっす!」
「オウッ! わーくわくするっちゃー!!」



f0225953_13505927.jpg
「なるほどチャリはこの青線たどってけば迷わないんだね。」
「親切ー、至れり尽くせりだっちゃね。 でもあんまり島っぽくないような・・・・・」



f0225953_1353110.jpg


f0225953_1354717.jpg


f0225953_1354279.jpg

「とはいえ、5kmも走ればコレだもん! うっひょー!ラムってばうーつくしいい!」
「どーお? これだけ魅力たっぷりなら勝負下着もいらないでしょ!」



f0225953_13582981.jpg
「むひゅう! 消失点の美学!!」
「ふーん、ここは車道の下なんだっちゃね。 その分眺めは悪いけど、貸切専用!ってカンジがゼータクだっちゃ!!」



f0225953_15471.jpg
「うんうん、だいぶ景色が島らしくなってきたなあ。 はい一枚。」
「まあ京都の街中よりは圧倒的に撮りやすいっちゃね。」



f0225953_156465.jpg
「はい記念撮影も忘れずに! あれ? ところでラムさん、昨日とカバンが・・・・・・」
「うふふん、そうだっちゃ。 こっちは一泊お泊り用!昨日のじゃちょっと小さいもんねー。」
「まーたそんな贅沢な・・・・・・」
「でも婦人物のハンドバッグ、リサイクルショップで二つで1500円だっちゃよ。 全然いいでしょ。 主婦の生活の知恵だっちゃ。 」



f0225953_1534632.jpg
「うーむかしこい。 そんな値段じゃちっこいサドルバッグ一つ買えやしないもんなあ。」
「だったらBROOKSのバッグ買ったと思ってヴィトンでもお一つ。 けっこうハッタリ効きそうだっちゃ!」



f0225953_1539453.jpg
「聞こえません聞こえません。 それよりココどこだっけ?」
「・・・・・、ま、いっか。 ただいま生口橋通過中。 これより生口島に上陸しまーす。 スッテキーな海だっちゃねー。」



f0225953_15452640.jpg
「そろそろ島グルメといこうかね。 軽くタコ焼ですがw」



f0225953_15491961.jpg
「おみかんはサービス食べ放題。
           『自転車じゃ寒かろーがねー』
           『いやなんもなんも。 あったかくて天国みたいですわ、北海道と比べたら。』
           『ありゃーお兄さん、そんな遠くからー?』
                                             なーんて会話もまた心地よく・・・・・」




f0225953_15555112.jpg
「さーって、しまなみ最後の、多々羅大橋ですよー、バシッと決めてちょうだいよー!」



f0225953_15592869.jpg


f0225953_15594181.jpg


f0225953_1601028.jpg


f0225953_160451.jpg


f0225953_161157.jpg


f0225953_1611394.jpg

「・・・・・・・、え? しまなみオシマイ?? なして? まだ中間までしか来てないっちゃよ?」
「ふっふっふ、その通り! ここ大三島からはビシッ!と島の真ん中を丘越えし、反対側の宮浦港から大崎上島~大崎下島へと船で渡り、
 とびしま海道を制覇しちゃおうという作戦なのさ! いざ宮浦! ばっきゅーん!!」




f0225953_15595698.jpg
「んもー、だーっから最低限の下調べはしなさいって言ったのに・・・・・
 今12時だというのに大崎上島への船は3時半発。 大崎下島に渡れるのは4時半になるだなんて・・・・
 暗くなってからのとびしま制覇はムリだっちゃね。 どーする、ダーリン?
 今からじゃしまなみ往復はキツイっちゃよ。 ここから尾道に戻る?」

「ぐへへ~ん、だってだってえ、橋ができたせいで連絡線が閑古鳥で便数が大幅削減されてるだなんて知りようもないじゃんかよー。
 んでさあ、宮浦から半ベソで戻りながら悪い頭で考えたんだけどさあ、こっから尾道戻るくらいなら今治行っちゃわないか?」



f0225953_1793461.jpg
「それでその後はどーするっちゃ?」
「んー、確か今治から船で岡村島まで行けるはずだから明日の朝イチでそれに乗ってとびしま、ってコトで今夜は今治一泊かなあと・・・・・」



f0225953_18405581.jpg
「あー。 割りと弱気になってるでしょー。 いいっちゃよーダーリンがそうしたいってんならウチはどこででも。
 それよりもお腹、へってきてんじゃない? 寒いとカロリー消費、激しいからねー。 リキ入ってないんでないの?」

「うむん。 だけど島グルメっつうのも今時期は渋いんだよなー。 鯛カツバーガーとかもお休み中とか、ジェラート系なんて食う気にゃなんないしなー、
 どっかり腰落ち着けて食うのも速いような、いつものカロメイってのはあまりに味気ないとかでずるずると・・・・」




f0225953_1849255.jpg
「んもー、そういう負の心はさらなる不幸を呼び込むっちゃよ!」
「げげ、ホントだ。 みるみる雲がやってきて・・・・・」



f0225953_18514075.jpg
「ぐわわーっ、そんな! 雨だなんてカンベンしてくれーっ!!」



f0225953_18532931.jpg
「・・・・・、って、アレ? あっと言う間に上がって・・・・・・日差しは幾分あったかい・・・・・」
「ほーら贅沢ばっか言ってるからちょっとゲンコが入ったんだっちゃ!」
「そーだよなー、何ルートが、とか食い物が、とか贅沢言ってたんだろ、オレ。
 今、こうしてここを走れていることがどれだけ贅沢なコトか。 いよし!ソイジョイ一個腹に入れてまた一もがきじゃい!」



f0225953_1932978.jpg
「うひーっ!出ましたごほうびごほうび!! 人間パンのみにて生きるにあらず!」
「サビで力がみなぎるってんだからヘンタイだっちゃよねー。 いっそのことウチがサビたげよっか?」



f0225953_1964228.jpg
「ノーノーノー、それはイッケマセーン! ラムがピカピカであればこそ、周りのサビも映えるというものなのだからして!!」
「まーた適当な事ばっかり言ってー。 いいからゴハン食べに行くっちゃよ!」



f0225953_19175475.jpg
「おおっ、出ました、来島海峡大橋! いやーいいねえでっかいねえ!」
「ま、ウチとダーリンにかかれば秒殺だけどねー。」
「いやせめて分殺にしといて・・・・・」



f0225953_1921378.jpg
「あらもう我慢できずにうどん? しょーもないっちゃねー香川まで我慢しないとたいしておいしくないっちゃよー!」
「うう、それはまあわかってんだけどね、他のメニューにあまり魅力のあるモンがねえしなあ・・・・せめて鯛メシで雰囲気を・・・・・」



f0225953_19383215.jpg
「さーっ、腹にもリキが入ったことだし、一気に今治! しまなみ制覇じゃ、行くぜっ、オウ!!」



f0225953_19434359.jpg
「やっぱり海の色が違うっちゃねー。 南の海と浜の色だもん。 積丹は真夏でもこんな色にはなんないっちゃよね。」



f0225953_194675.jpg
「消失点の美学、II ! いいねえ、すいてるもんねえ。GWとかは混み混みだろうし、お盆とかだと暑さで死亡、と考えると、
 我ら北国のチャリダーには実はベストシーズンなのかもね、正月休み。 日が短いのがまあ難点ではあるんだけど・・・・・」



f0225953_19522743.jpg
「いよっし! 今治のゴールに向けて一直線!! まずは今治港に行って船のルートと時間確認して、それから宿の確保だね。
まだ多少日はあるけど、宿が先決! GO!!」



f0225953_19564062.jpg
「ねーねーラムねー、オシャレなリゾートホテルかなー? それともプチペンション? 
 いっそのこと純和風な旅館で二人しっぽり、ってのもいいっちゃねー!」

「ネタかよ・・・・・」



f0225953_19594076.jpg
「うーっし! 今治港の観光案内所のおじょーちゃんに聞いて明日の船は問題なく確保、
 宿も目の前の米長旅館さんであっさりケテーイじゃ! 肝心のラムさんも玄関の中でOKだっちゅうしね! 感謝感謝感謝!」



f0225953_20252244.jpg
「あー、そうゆうワケで夕食までの間、ボクはちょっと出てくるから。 キミは宿でゆっくりしていたまえ。 じゃ。」
「えーちょっと! ウチとのしっぽりはー? 
 ダーリンはウチよりサビが大切だっちゃ?
 この裏切り者ーっ!!」

[PR]
by denzi-a | 2012-01-05 20:42 |

はんなり。

f0225953_1644157.jpg
「ちょっとーダーリン! 何コレ、内地ぜんぜん雪だっちゃよー!!
 ウチの! ウチの京都はんなり散歩はー?! ヤダヤダ、奴さんでお留守番なんてヤダよー!! 」

「んん? だいじょぶだろおんなじ京都府ったって舞鶴と京都市じゃだいぶ違うハズだからさ。 いくら盆地ったって積もってるこたねえだろ?
 濡れてたらビチャビチャになっかもしんないけど、ま、そのくらいは覚悟しとこうか。」



f0225953_16583742.jpg
「ふーん、これがお前の遠征スタイルかい? ちょっとオシャレしたんだねえ、本来武闘派なのにw」
「なーにーその言いよう。 バインディングでカチャカチャ街歩きは恥ずかしいでしょ。
 荷物だってバックパックで背負わせるのは好きくないし。 サドルも雨で泣かないように新調したっちゃ! これで京の都でもぶいぶいだっちゃ!
 それよりねえ・・・・・なんでこんな殺風景なトコで撮ってるっちゃ? ぜんぜんはんなりじゃないっちゃー!!」




f0225953_1773686.jpg
「ほんじゃイナカモンらしくハデーなトコで記念撮影とまいりますか。 いいねーラム、平安神宮に負けてないよー、
 って、アレ? カバンどした?」
「だーってー、バッグサポートがエアロピラーに固定しきれなくて外れちゃうんだモン! 荷物くらいダーリンが背負えばいいっちゃ! 
 あとで自転車屋さん探して真円のピラー買ってね!」




f0225953_17155597.jpg
「しゃーねーなー、市内ぐるぐーる、おお、この小路いいなあ、コレ入ったらもっといんでない? そしてこっちが楽しそう・・・・アラ?」



f0225953_1718471.jpg
「おいラム! 何だこの坂は! 都ではんなりじゃないのか何どんどこ登ってんだよこれじゃ朝里と変わんないじゃないかよおい!
 比叡山って書いてるぞ何修行してんだよってばおい! はんなりどうすんだよってばオイッ!!」
「うるさいっちゃ! ウチだってこんなことしたくないけど始まっちゃったんだからしょーがないでしょ!
 途中で引き返したりしたらいい笑いものだっちゃ! とっとと落とせーっ!」




f0225953_17273579.jpg
「あやしいっ! あやしいっちゃ京都! アレ、薬師温泉的匂いがするっちゃよっ!!」



f0225953_17291886.jpg
「ぐわー、マジヤバイ!紀元前からのカオスが! カオスの吹き溜まりがー!!」



f0225953_1732397.jpg
「はい獲った!! こっから先はチャリ禁だからここがてっぺん! 早く市内に戻ってはんなりし直すっちゃよ!!」



f0225953_1735040.jpg
「んもー、いいんだよそんな修行なんてのはさあ。 下ってメシ食おうよお・・・・・」



f0225953_17363915.jpg
「んで? なしてオムレツ定食? 普通さあ、京都だったら湯豆腐とか八橋御膳とか・・・・・」
「うーむ、この『ケニア』って店名にどうも惹かれてな・・・・・でも正解。 すっげうめえ。」



f0225953_17402429.jpg
「ナウ泉はいるかなあ?」



f0225953_1746343.jpg
「ふーん、ここが有名な『レストアの森』? なーんか雑誌とかでよく見るからミーハーに来て見たけど、たいしたコトないっちゃね。
 ブティックメインでオジサン肩身狭かったでしょ。 
 肝心のオールドパーツも何かねえ・・・・・買い付けしてきてまんま置いてるだけっぽいっちゃね。
 何かこう、販売車両にも、走るオーラが出てないっていうか、所詮ファッション、って感じなのかなあ。 
 結構期待外れだったっちゃねー、ザンネン。」




f0225953_18111269.jpg
「うおう、カッコエエなあ。 94年ですか。 やっぱ顔が見えるっつうのがいいねえ。」



f0225953_18484469.jpg
「しかし、あんまりサビ、撮ってないんじゃないの? せっかくの京都なのにねえ?」
「うーん、やっぱロードバイクだと街撮りするには速度違反系だもんなあ。
 ここにきても当然の車道走行だし、ペースを落とすのも気持ちいくないじゃん。
 いんだよ、サビなんか。 走れて嬉しいんだもん、お前とさあ。」



f0225953_19373527.jpg
「良かったなあ、ラム。 シートピラーあって。 26.8Φのピラーなんてそうそう在庫してるもんじゃないぜ。 
 さすがは古都の自転車屋さん。 あるとこにはあるんだねえ。 タイオガの銀塗りってのは風情ないけど、まあゼータクはナシだな。」
「だっちゃー! バッグサポートなしってのは明日からキビシイもんねー。 ちゃんと使えるかどうか、まずは実走テスト、と。
 あら? ちょっとオサレ! おっ、これがあの名高い祇園? あらー、負けられないっちゃ負けられないっちゃ舞妓さんには!!」




f0225953_19514413.jpg
「ねーなんか画がイマイチじゃないせっかくの祇園なのに?
 こんなに雰囲気の風景に華のあるスターの競演なのに、ヘッポコの腕がさー・・・・・」

「だってよお、暗くなってくっとμだとキビシイんだもんよ。 こうなっとイレブンだよなー。
 でもさあ、とりあえず実走テストだけだって言ってたからカバン入れてこなかったもんなー。 失敗だー。」



f0225953_2093962.jpg
「んもー! だったらウチの底力! 必殺! はんなりカマシ!!」
「出すかっ! 自らはんなりオーラを出してくるかっ! 恐るべきスターの底力!!」



f0225953_20131337.jpg
「はーい、祇園さんも圧倒! さー、すっかり暗くなっちゃったことだし、ちんたらと尾道まで行こっか!
 さーて、ガーミンさんをセットして、ナビ開始、ポチッとな。
 ええーっ! ダーリン!! 到着予定23:30とかほざいてるっちゃよーっ!!」

「何ーっ!そんなバカな!! あ? 走行距離300kmだー!!? うっそーそんなにあんの?? せいぜい150kmくらいだと・・・
 マズイ、マズイぞ、今日のうちになんとしても尾道まで着いておかないと明日の予定がだなあ・・・・」



f0225953_20441042.jpg
「ええいっ、誰が京都でゆっくりお食事だあ? 関西圏くらいは高速使って稼がねえば! メシもSAで済まして! なんとか今日中に尾道だーっ!!」
「えーっ、ちょっと、ちょっと待ってーっ! そんな全力で尾道に着くってことは・・・・・着いた所でボロボロぐったりってことは・・・・・
ウチとのニャンニャンはあ~?」

「そんなヒマあるかーっ!!」



 
[PR]
by denzi-a | 2012-01-04 21:14 |


DENZIはしゃべるロードバイク、ラムさんの尻にしかれながらも 仲むつまじく暮らしていたのだが、ついピチピチのロードバイク、ルミちゃんも嫁に取ってしまった辺りから三角関係がこじれ始め・・・・・


by denzi-a

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
バイクばいくBike
妄想科学自転車
野良スキスキー
野山沢谷
写楽
底抜けカメラ沼
徒然

未分類

以前の記事

2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

最新の記事

クロージング。。。
at 2013-05-02 03:25
最終回。
at 2013-05-01 19:26
真打登場。
at 2013-04-24 00:17
CHEAP HIPPIES ..
at 2013-04-20 21:29
やさしさとおもいやりだね。
at 2013-04-20 12:28

LINK

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31