<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

DENZI的ペダリング考察。

 さてさて、本年度も最後のエントリー。 しかし誰も読みたくもならないとりとめのない長ーい無駄話なんだぞお。


 このところ、ペダリングについて思うこと、ありおりはべりいまそかりなオイラ。
 そもそもの発端といえば、リンダとの初デートのとき。10kmほどを走ったオイラは「こりゃムリ」とつぶやき、
 道端にリンダを停めてサドルを1センチ下げて1センチ後ろにしたのだ。
 リンダのハードバディがオイラのペダリングをはじき返すから、スムーズに回すためにサドルを後退させて、12時からトルクかけられるようにと。
 最初は2時からで話になんなくて、1時から踏もうと心がけて多少改善、じゃあ12時から、と思ったんだが12時からは踏めなくて、
 腰を後退させることで12時から踏めるようにと考えたのだ。 結果はわりと良好でありました。
 つまりは硬いフレームは尖った踏みではダメで、円く回すペダリングが必要なのかねえ、とね。
 思えばラムさんもルミもさやかも硬いフレームではないから、引き足を使って円く回す、ってのがちゃんとできてなくてもカバーしてくれてたんだろね。

 で。 で、だ。    ここで終了するんじゃ普通の自転車ブログではないか。 ヘンタイではないではないかそりゃイカン。
 そこで問題だ。 フレームの剛性に応じてペダリングを変える必要があるんじゃないか?ってことだ。
 リンダで円く回すペダリングを心がけるようになったとして、それをさやかにも適用してやって、はたしてさやかは生き生きと走るのか?ってこと。



   図 1
f0225953_20354155.jpg
 平地を一定速で走っているの図。 まあ30km/hだとしますか?
 速度っつうのはビシーッと一定速ではないね? ペダリングに合わせてこんなふうに上下してるはずだね?
 この山が0.1kなのか0.2kなのかもっとなのかはわかんないけど、こうなってるのは間違いないね。
 もちろん山んとこがクランク3時9時で谷が12時6時。 
 ん? メーターとにらめっこしてもそんなバラ付きはないぞって? いやいや、センサーの荒さがでかいだけだから。
 だってホイール一回転で1パルスしか入んないでしょ?
 ギア比が2.0(フロント50のリア25T)だったら山谷一回(クランク半回転)でホイール一回転、1パルスだもん。
 そりゃ全部平らにならされるさ。 スポーク全部にマグネットつけてセンシングしたらこうなるぞw



  図 2
f0225953_205911.jpg
 これがね、リンダで走るとこうなのw いや、へったくそのガチャ踏みだねえ。 でも、これが本来の上下なんだねえ。
 フレームで減衰されてない、ペダリングまんまの上下なんだ。 こりゃギクシャク感が強いと感じるさ。
 んで、どうしてさやかだとこの波がなだらかになるのか? それこそがフレームの特性なんだね。
 


  図 3
f0225953_21172077.jpg
 んで、これがクランクにおける出力特性図だね。 雑誌とかでも見たことあるでしょ?
 足でペダルを踏んづけて出力するんだからこうだよね?
 まさか今さらビンディングで引き足使えば6~12時のマイナス部をプラスにもってけるだなんて思ってる人はいないよね?
 この出力が180度位相で左右分になるのだからさっきみたいな速度のバラつきが出るんだね。



 図 4
f0225953_21272150.jpg
 で、かわいいリンダちゃんでちゃんと走るためには、こういうペダリングにしてやらないとアカンつうことなの。
 美しい、円いペダリング。 こうしてやってはじめて、さやかのように走れるんだって図。
 そうですね、サイクリストたるもの、常にこういうペダリングで走るべきなんですね。 きっちりと効率のよい出力。
 みなさんこれを目指して日々三本ローラーで高回転だ手放しだダンシングだと精進しているんでしょねえ。。。


 しかぁし! これがねえ、どうにもキモチいくないんだよなあ、オレ。 ペダリングは尖ってるほうが断然カイカンなんだよなあ。



 図 5
f0225953_21412264.jpg
 うりゃっ!と加速する、の図。 このピークだけをガツンと踏む、これがキモチエエ踏みなんだよなあ。
 円いまんま全体をじわっと太らせる出力の上げ方、ってのはむつかしく、アドレナリンの出もスキッとせず、
 結果トルクを上げるよりは回転を上げて加速する方法になるんだな。
 ギア上げてうりゃっ!と踏むんでなく、ケイデンス上げてからシフトアップ、な傾向だよなあ。



 図 6
f0225953_23183050.jpg
 ほんでまあ、最初に戻るんだが。 波が大きいのが硬いフレームのリンダ、波が小さいのがしなやかでバネ感の強いさやかだね。
 よく、硬いフレームの好きな輩が言う、「フレームやわいとガンと行きたいとき力が逃げるだろ。」ってえのだけど、
 しなやかなフレームは力を「逃がす」のではなく「貯める」んだな。 変形するっつうけど、それは塑性変形じゃなく弾性変形だから。
 3時んトコで変形によって貯められた力は、6時の谷のトコでちゃんと払いだされて元に戻るって事なんだね。
 硬いの好きはこの山が低くなるのを言うんだろうけど、谷で戻ってるのを感じられてないんじゃない?
 まあ全額じゃなくて8割~9割しか戻ってこないのかもしれないけど。
 これが7割しか戻らないのか9割戻るのかがしなやかフレームの出来の良し悪しなんじゃないかな?
 そして重要なのが、この働きは入力のムラが大きくなっても作用するのだってこと。小さく打てば小さく響き、大きく打てば大きく響く。
 図5のようなうりゃ!なペダリングしてもちゃんとしゅるるーっと加速してくれるのよ。 スイートスポットが広いの。
 リンダでうりゃ!やると、そこまでのムラは許してくれなくてね。結果、踏むとペダルが跳ね返されるワケなのよ。


 んで、人間はキレイに回す技を身に付けようと四苦八苦するんだね。 でもね、オイラはそれはどうも違うような気がするんだわ。
 だって、足の筋肉っつうのは何万年も歩く、走るように進化して構成されてるワケだからさ。 じわーんと長く出力するように出来てないんだからさ。
 いきなり円く長く出力してくれったって構造的にそりゃ無理、限界があるでしょってこと。
 だから車体がそれをカバーしてくれる、さやかのような性格が光るんだと思うのよ。
 リンダのような常に効率を求め回すことを要求してくるフレームは、AからBへの移動を最小時間で行うレースの走りでは光るんだけど、
 こちとらタイムでも距離でもなくてなんぼキモチいくなるかがモノサシだからねえ。
 うりゃ!の尖りまくった踏みから車速が乗ってきてビシッと幅広くトルクが乗るケイデンスにつながって、
 カン!とギア上げてもするるっとつながっていくさやかの懐の深さ。 ついつい調子に乗って足使っちゃう所以だなあ。
 んで、リンダはと言うと、まさしく真逆。 加速しようとすると円いまま全域にじわっとトルク乗せてケイデンス上げて、
 パワーバンドの上のトルクが落ちかけるまで回って初めてギア上げて、ドンと落ち込む分を吸収してやる。
 というより、そもそも加速手前のクルーズ状態というのがほとんどないんだな。 常に目一杯で回してるんだ。
 そしてその走り以外を認めてくれない。 ちょっと違うことすると途端にダメ出しされちゃうんだ。
 つまりはこうだ。 70の力で走り続けられるコースがある。 リンダはそこを常に70の力で走るんだ。
 下りも70、平地も70、上りも70。 下りも平地も常に70で走ってるんだから、そこから80,90に加速するなんてできないの。
 さやかだったら平地を50で走って、そっから上るときに80,90まで力上げて、速度を維持しようとするんだ。
 で、その後の下り、平地では当然30,50しか残ってないの。 でも上り返すと70,80と出せちゃうのよ。
 結果、トータルではどっちもアベレージ70。 もちろんオレの力は70なんだから、アベ80に上がることも60に下がることもなし。
 どっちが楽しいかというと、それはね・・・・・w


 んでねえ。 これと真逆のコトを言う人もいるんだよ。 つうか、一般的にはそっちのほうが正論だといわれてるんだな。
 あるブルペの本に出てた有名ビルダーさんが書いた記事なんだけどね。
 剛性の高いフレームのほうが出力を高効率で伝えられるから長距離に向いてるって。
 足にくるというのは反応がよくて気持ちいいからついつい無駄な加減速をするからだって。
 どうなの? いや、オレ、反応イイとは感じないなあ。 無駄加速したくなんないなあ。 
 ただただストイックに効率一番の走りをしろと言ってくんだよ、高剛性さんは。
 まあブルペってのは300だ400だ600だという非現実な距離を走りきるのが第一義だからね。
 いくら楽しくても走りきれずにリタイアじゃ満足できないだろうしね。 無駄漕ぎする余裕なんて不許可だよ。
 極論すれば全行程つまんなくてつらくても完走すればオーライ。 走りきったカタルシスが全部カバーしてくれるんでない? 
 だったら完走用道具としての高剛性はアリなんだろうけど。 どうなんでしょうなあ?


 一人で走る分にはその辺ワリと臨機応変だからねえ。 楽しいうちは目一杯。 売り切れたらすぐ終了。
 だからこらえて完走とか身に付かないもんね。 全域楽しく楽しくが最優先。
 ラムさんはもちろんのこと、ルミならルミが、さやかならさやかが、リンダだってリンダが。 もっとも生き生きとするように。
 そういう走りをするコトが大切なんだもん。 ヘンタイじゃない普通の自転車の人はそういうコトしないもん。
 性格の違う複数台を所有してても、まずコースありきで、そこにふさわしい一台をひっぱり出して、
 上りはこれだなとかダッシュはこいつだなとかちんたらはこれでないとな、とか言うんだもんな。
 違うの。 オレあたりヨメが最優先。 ヨメに合ったルートを選択してやるのが役目なの。
 もちろんコースが一緒でもヨメによって走りは違うんだ。
 ラムにはラムの、ルミにはルミの、さやかにもリンダにもそれぞれの羊蹄一周があるの。

 
 さあ、いよいよまとまりがつかなくなってきたぞw


 
 足はね、なるようになるの。 ヨメに合わせて回るだけだから。
 リンダちゃんあたりは今んトコ分が悪いけど、来年本格的に走りこんだらぺろっと言うコト変わってたりするから。
 それぞれのキャラをつかんで、それを阻害しないように、持ち味が伸びるようにモディファイを施したりしてやるの。
 そうすればまた来年もめくるめく甘美な時が過ごせるというモノなの。 待ち遠しい。



     ・・・・・マンちゃんしゃべんねえからふくらまないんだよなあ、ヨメが恋しいw・・・・・・
[PR]
by denzi-a | 2012-12-31 18:09 | バイクばいくBike

くれいじいくらいまあ。

f0225953_8265551.jpg
 昨日より正月休みなれどどかーんと予定なし。 やることないんで町内ポタリング。
 え? どういう画よ、って? いやあ、町内に演歌の海から命の川から天下の嶮まで備わってるところが朝里の怖さだもんよ。



f0225953_8352935.jpg
 きたあのぉ りょおばはぁよぉ おおっとこぉのおぉ あそびばっさあぁ 

 しかし、コイツで走ると、ホント唯我独尊感強いよなあ。 うーし、したらば、それをがっつり味わってみっかなあ。
 アサリでちょいとお買い物して、そのあとダラダラと夜を待つ。 19時をだいぶん過ぎたんでもういいでしょう。
 俺様専用道wの入り口に奴さんを停め、200ルーメンとやらの実力を試してみる。



f0225953_850273.jpg
 うおおう、これはぜんぜんいけますなあ。



f0225953_8513727.jpg
 ほんじゃま、ちょろっと行ってくるぜ。



f0225953_855718.jpg
 コイツで黙々と走ると、全てが坂になる。 シッ!シッ!と切るような尖ったペダリング。
 ぬかるみをクリアするために使う三本ローラーのペダリング。 カランカランと響く熊鈴の音。
 ふと、その音を出さないくらいにスムーズに回せないかと考える。 そう、とうふをくずさない藤原拓海のドライビングのように。
 そんなことを思いながらこぎ続けると、世の喧騒は遥か彼方。 唯一たる自己さえも雲散霧消。
 ただ前へ前へ、上へ上へと回り続けるモノと化した己。



f0225953_911416.jpg
 ループを越え、照明さえもない闇。 しかし、闇というにはほの明るい。 雲にデフューズされながらも月の光が雪を光らせる。
 ならばと、200ルーメンを消して待つこと暫し。 おお、見える。走れる。 霊長類ヒト科のポテンシャルも捨てたものではない。



f0225953_9351594.jpg
 記念館入り口にてUターン。 悪さはこのくらいにしとこう。



f0225953_9232480.jpg
 びゆんともどりっましょ。 ヒトの住む里へ。



f0225953_9262764.jpg
 ぐっとないと。
[PR]
by denzi-a | 2012-12-29 09:28 | バイクばいくBike

聖なる夜に口笛吹いて。



    メリクリ。


    誰かさんはずいぶんと豪勢なクリプレをゲトーしたようだが、オイラはよい子でなくワリイ大人なのでもらえないよ。


   すごくくやしいから言ってやる。 「やーい、春まで試せないだろー。」  ああ、ワリイ大人だ。


   (まさか某七様のごとく、年末年始で遠征とか企んでないだろうな?)


   そんなワケなんで普通の仕事帰り。 本屋に立ち寄ってぶらぶら。 おっ?



f0225953_22492697.jpg

   小さな幸せゲトー。


   とってもいかした世界の美女が100人。 中には中途で頓挫して幾年月の某妄想科学自転車のパクリ版wまである。


   あーあ、こんなカタチで出されたらもう続きが描けないじゃんwww オレのが先なのにwwwww


   ま、ともあれ今晩は退屈しないな。 今年買った関係書籍の中ではイチバン面白いわ。
[PR]
by denzi-a | 2012-12-24 23:02 | 徒然

AKD48のメリークリスマス。






  スマヌ。


  キャッチーなタイトルの誘惑に抗えず、つい出来心で・・・・・


  一応AKではっちゃけるDENZI(48)、ということなんだが、当然ながら言い訳だ。


  DENZIじゃなくてBAKAにする手もあったんだが、さすがに殺されるかと自粛。


  ちなみに、モー娘どころかおニャン子も守備範囲になかった俺だから、AKBなんて一般教養程度どころか、毛ほどもわからん。


  更に言うなら、ここまでの撒き餌をしておきながら、内容は驚くほど薄い。


  低俗ブログの典型だな。


  あーあ、前回はそこそこ格調高かったのになあ・・・・・




f0225953_20561710.jpg
  例によってAKOSから発進。 本日、まずはドロームあたりまで行き、引き返してAKを遊ぶんだ。 
  ああ、わかっちゃいるだろうけど、アカイガワオンセンだからね。 念のため。



f0225953_2105360.jpg
  エルゴンのグリップ、いいですなあ。 ハンドルの5°がちょっとアレなんで、10°あたりのに代えようかと思ったんだが、これでいいわ。



f0225953_21131471.jpg
  さて、もはやドロームですがね。 Uターン? 何のことですかあ?



f0225953_2123501.jpg
  めーりー くりすうますうー。 え? フライングだろって? だって今日言わなかったらあとは年末年始だもん。
  


f0225953_21433231.jpg
  あい、とーおちゃくうー。 やー、しびれるねえ。 冬の登坂はねえ。 こう、世の中と完璧に隔絶した感、つうかねえ。 独特だよ。



f0225953_21531678.jpg
  むーん、寒い画だねえ。 最新のエアロロードだったら、雪は付かないのかなあ?



f0225953_21571728.jpg
  このねえ。 この楽しさっつうのはねえ。 物理的なものだよ。 感情的なものじゃないよ。 
  脳内麻薬が分泌されて高揚を生み出す。 きわめて物理的な現象だよねえ。



f0225953_2283354.jpg
  さて、戻りますか。 OSが待ってますからね。



f0225953_2293242.jpg
  戻りましたw



f0225953_22102486.jpg
 AKOSでは、冬至だということでお汁粉を振舞っていただきました。
  一年で一番短い貴重な日中は、ぎゅっとつまった日中でございました。
[PR]
by denzi-a | 2012-12-21 22:16 | バイクばいくBike

拝啓 トーマス・エジソン殿。

 さて、昨日の今日でなんなんだが、朝起きて外見て・・・・・・・「やーめた。」
 この時点でAK二日連チャンは、はい消えた。 だってオレの休みだもん、好きにやらしてもらうさ。
 
 んで、ネットつないで波乗り。
  「うーむ、だから電気変速とかいらねっての・・・・・」
   「そもそもその高剛性の、逃げない突き上げはどこに来るかをだねえ・・・・・」
    「古い木造校舎の・・・・・・白熱球が・・・・・・白熱球・・・・・・・・いいねえ。」

 電球採集だ 電球採集だ   は? ホワイトイルミ? ばっけやろお、エルイーデーなんて採集の価値ねえよ!
 お子様と一緒にすんない! ワビサビな大人は当然のごとくあそこに決まってるじゃんかよ! わかっだろ、普通?
 それより問題は捕球網だな。 なんにしよ? やっぱマニュアルだよな、採るからには。
 うーむ、やっぱ50か? 久々に40もいいかな? いや、35かなあ? 55? いや55はマズイだろ。
 でも105は無理だし。 やっぱ50かなあ? うーん・・・・・・ん? これ何だ? こんなん持ってたっけ? ・・・・・75ぉ??


f0225953_18432784.jpg

 いやー、すーっかり忘れてた。 あったんだ、こういうの。 75の2.5かあ。 キビシイ戦いになりそおだが・・・・・まいっか。



f0225953_184941.jpg

 ちゅうことでやらかい雪が舞う中、べちょべちょべっちょと手宮へ向かうマンちゃん。
 熊鈴の効果は絶大で、雪投げの民にも運河の観光さんにもおおむね好評。
 カランカランと近づくと、えっ?のリアクションの後、なんだこの馬鹿、という眼で見られる。 見てもらえる、これ大事w
 しかし昼だな、腹がへっては、だな。 よし、一戦交える前に・・・・・



f0225953_18494022.jpg

 うーむ、よしよしよし。 さすがは港湾労働者のオアシスだな。 いよおし、がっつり食ってばっちし戦るか!




   さあこっからが本題!




f0225953_1852357.jpg

 うっひー!マジキビ!! ポイントはいかにあのビーチクをバリピンでつっつくかにあるんだが、75mmのF4で最近接の0.7m、ピンは針だぜ。
 ビミョーに前だよなあ。 だって見えねえもんな、ファインダーじゃ。 数撃つと構図がずれるしなあ。 キビシーっ!!



f0225953_194168.jpg

 ああやっぱ外した。 1/60だとブレもちょい来てるかな? 



f0225953_1975048.jpg

 うううー、この手吹きの球の質感がたまらん! 美しいったらないね!



f0225953_19111799.jpg

 キター! ビーチクバリ!! 外の明るさを利用してF8まで絞るという姑息な手段を選んだのは言わなきゃ誰にもわからなーい!!



f0225953_19141454.jpg

 こういうのも採るべし採るべし! 1/20で採るべし採るべし!!



f0225953_19173683.jpg

 おはなばたけに 蝶が舞うー ♪



f0225953_1919249.jpg

 グラッチェ。 デジ焼き込みでグラッチェ。



f0225953_19215249.jpg


f0225953_1922649.jpg


f0225953_19204365.jpg

 ヒラヒラスカートが男子を誘うの図。



f0225953_1922431.jpg

 背がねえ、ビタッと合ってればさぞかしなんだがね。



f0225953_1924488.jpg

 たれの美学も外せない。



f0225953_19255219.jpg

 現像に助けられてますが。



f0225953_19274694.jpg

 3:2と4:3の狭間で。



f0225953_19301165.jpg

 わかんないしょお? いいのよ、それで。 それが普通だから。



f0225953_19314084.jpg

 被写体のステキさで成り立ってんですから。 そおですから。



f0225953_19333487.jpg

 アタシゃも少し背がほしい、・・・・・・ってオチは変わらずか? 成長ねえなあオレ。







f0225953_1934524.jpg

 筋肉ばかしでなくオツムもたまにゃやっちゃんねえばな。 しかし眼の衰えはマジヤバイだな・・・・・




  うーん、休んだってカンジぃ! 満足満足・・・・・
[PR]
by denzi-a | 2012-12-14 19:41 | 写楽

レツゴーAK!!

f0225953_20233453.jpg

 お休みだ。 とにかくお休みだ。 天気は上々だ。 行くぞ行くぞ、AKに!!



f0225953_2024191.jpg

 行くぞお待ってろAKスノー! あれれ、ちょっとアプローチアングルが・・・・・



f0225953_20251667.jpg

 キャー、AK-っ!!



f0225953_2026855.jpg

 というワケで、AKOSからマンちゃん発進なのさっ!



f0225953_2027462.jpg

 どうにもビローンでかっちょワリかったZefalのリアフェンダーだが、悪の改造手術でファショナーブルだい!
 さあっ行くぞっ、マンちゃん!
 「・・・・・・・・・・。」

 あ、そおか、しゃべんなかったのね。



f0225953_2034151.jpg

 いきなしどかーん! AKスノ-ッ!!



f0225953_20355464.jpg

 (中略)やべえ、すっげえ楽しい。 アドレナリン出まくり。 テレマーク、危うし級。



f0225953_20383425.jpg

 これね、絶対うまくなる。 三本ローラーとか、目じゃない。 何よりめっちゃおもっしぇっし。



f0225953_2111428.jpg

 うーん、見えん。 何も見えんまるで見えん。 ホワイトアウト・・・・・・俺自身かよw



f0225953_21453941.jpg

 いやワリと客観的にもホワイト。 でもその全てがアドレナリンであるかのようにへらへらとにやけながら一心不乱にこぎ続けるオレ。
 かーなりトランス、入ってますw



f0225953_2124123.jpg

 さてさて、楽しいかどうかは寒いかどうかと反比例する。 本日のAKは0~-2℃くらい、風ナシで雪は降ったり止んだり。
 そん中でのウェアリングはというと、上はSKINSの長袖インナー、adidasの冬用サイクルジャケット、カンパのウインドブレークベスト、以上。
 これで上りはガンガン汗かいてたから、背中が通気性のいいサイクル用で正解。 下り用にゴアのジャケット持ってはいたが出番までは至らず。
 


f0225953_21112719.jpg

 下はロングタイツの上に裏フリースのナイロンパンツ。 これで寒さは問題ナシ。 体幹は動くと発熱するからこのくらいで充分だわ。
 汗対策のほうをしっかりとだね。 高機能インナーは必須だよん。
 それよりも大事なのは末端。 これが冷えると途端に心が折れるもんな。
 手はいつものオートバイ用の皮グラブの上にオーバーグローブ装着で冷えは段違い。 中略するくらいカメラは持てないがw
 足はソックスの上にネオプレンの靴下(某でっけえビバホームの作業着売り場にリーズナブルなのがあった)が効果大! 
 オツムはスキー用のヘルメットが使える使える。 安全は大事。
 以上、スパイク同志のためのちょろっとヒントでした。

 あっと、あと大事なのは熊鈴。 今回みたいに人が皆無なトコでは無用ですが、歩行者のいる歩道走るときにはなまらイイ。
 これは現・南風自転車のA森さんに教わりました。



f0225953_21321492.jpg

 右か、左か。 人生の選択肢。 (実はどっちも行けずにUターンだったのはナイショだ)



f0225953_2134521.jpg

 この風景の中をクルーズできるしあわせ。



f0225953_2135533.jpg

 頼もしき相棒にサンクス。



f0225953_21365519.jpg

 路面状況は刻々と変わり、一瞬も油断はできない。 負荷は常に掛かり続け、ムリムラムダのペダリングは途端に馬脚を現す。
 雪道は最高のトレーナーだ。



f0225953_21493836.jpg

 そして、このロケーションがねえ、やっぱ最高。 好き放題に走れるという点で、白眉かも。
 ニセコだとちょっとスケールが大きくなるから、冬ならAKの箱庭感に軍配が上がるなあ。

 それじゃ、この、「日本で最も美しい村」の魅力を、破裏拳ポリマーのテーマソングに乗せてお送りすっからな! 一同、斉唱!!



f0225953_2205563.jpg

 ダンダンダンダン ディン ダダーン !



f0225953_2221311.jpg

 バンバンバンバン ズン ババーン !



f0225953_2231528.jpg

 ダン! ダン! トォリャー !!







f0225953_225299.jpg

 あひっ さつう! げんっ ええ はぁりいっ けぇ んん~ !!

 ・・・・・・とまあヤバイ脳汁が出まくりのAKは、本当にスパイク天国だ。
 えー、スパイク推進委員長のウノ先生、アジテーションはこんなモンでどうでしょっか?


 あとはAKOSで沈没してシャーワセだ。 ああ生きててよかった。 死ぬような目に遭ったワケではないがw



   ~ さーて明日の休みは・・・・・・AK連チャンでもいいかな、オフレコでw ~
[PR]
by denzi-a | 2012-12-13 22:25 | バイクばいくBike

冬ですきに。

f0225953_20365679.jpg

 やいや、あんましにも降りすぎでないの?
 ここまでなっちゃっちゃうと、スパイクでひゃっほいってのもさすがに雪かきの民の反感をかうよなあ。
 じょんばで雪かけられるよなあ。 やむなしだよなあ。

 うーん、したら堂々と遊べるトコで遊ぶか。




f0225953_20375480.jpg

 ホームはまだこっそり営業みたい。 部分オープンってことで何と一日1500円。 うーん、どおせ3~4時間で死亡すんだから充分でしょ。




f0225953_2040146.jpg

 雪はのっつりだけど、パウダーっつうよりは白あん。 降らせっぱなしのアバウトバーンはオフピステ気分タプーリ。
 絵に描いたような無酸素運動で、ターン5つで足パンパン。 なんぼリキ入ってんのよ?




f0225953_20453510.jpg

 少々のレーシングボンズ以外はほとんど人いない貸切さんいらっしゃーい。
 まったりとオラオラして2時過ぎには足限界終了。 オンセン昼寝コース。


 うーむ、やっぱり地味な展開。 いいのかこれで?
[PR]
by denzi-a | 2012-12-11 20:53 | 野良スキスキー

バリバリロッケンロール。

 いやあまいった、降っちゃった。 どっかり。 これはもう無理だよねえやっぱ。


f0225953_154863.jpg

 せっかくガーミンしたのに出番なし。 うー、悲しいー。



f0225953_15491855.jpg

 そんじゃま、こっち方面いっとく? やー、まだホームが開かねえしなー。 セレブーなスキスキ場はビンボにゃキビ。

 それじゃあどおする? どおする~うぅ? ネタがないと記事も出ないぞお?






f0225953_1554023.jpg

 とりあえずこうしてみましたw



f0225953_15545674.jpg

 さっそくばっきーん!



f0225953_15555334.jpg

 ぬれぬれ対策もバチリーで
 いくぞおっ! おおっ!!



  ・・・・・・・・・、すいません久々でテンション上げすぎました。 みっともないですね画的に。






f0225953_15593749.jpg

 さて、んじゃ、行きますか。



f0225953_1602522.jpg

 ここはどこ? わたしはだれ??



f0225953_1611270.jpg

 ・・・・・・、思い出しましたよお! ボクはバカでヘンタイでしたあ!!



f0225953_1622663.jpg

 いつものルート、ルミなら30分前後。 さすがに一時間は見るべかと思ったんだが、何と何との45分と少し。
 うーむマンちゃん恐るべし。 しかし、ウチの家族ん中でしゃべってないのはマンちゃんだけだねえ?
 どおする? なんか性格設定とかする?
 「いや、いいわ今さら。 すげーキモイし。」


 ・・・・・・・、そおですか、やっぱし。 んでもまあ、この冬はよろしく。



f0225953_167993.jpg

 冬なら。 雪なら。 それを楽しまんと遊び人とは言えないよな。 こーゆーマネは雪のないトコではしたくてもできないもんな。
 まあしたいヤツ自体がほとんどいないんだろうけど、これだけは言える。

 「実にオモロイ。」
[PR]
by denzi-a | 2012-12-03 16:21 | バイクばいくBike


DENZIはしゃべるロードバイク、ラムさんの尻にしかれながらも 仲むつまじく暮らしていたのだが、ついピチピチのロードバイク、ルミちゃんも嫁に取ってしまった辺りから三角関係がこじれ始め・・・・・


by denzi-a

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
バイクばいくBike
妄想科学自転車
野良スキスキー
野山沢谷
写楽
底抜けカメラ沼
徒然

未分類

以前の記事

2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

最新の記事

クロージング。。。
at 2013-05-02 03:25
最終回。
at 2013-05-01 19:26
真打登場。
at 2013-04-24 00:17
CHEAP HIPPIES ..
at 2013-04-20 21:29
やさしさとおもいやりだね。
at 2013-04-20 12:28

LINK

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31